津波被災の床板でつくったスツール

このスツールは、東日本大震災で津波の被害にあった、仙台市沿岸部の小学校体育館の床板を用いてデザイン/制作したものです。その一部は、せんだい3.11メモリアル交流館の什器として現在も使用されています。

制作時期:2016年
デザイン:小山田陽
制作:ハセ工芸、カンノウェルディング

次へ 投稿

前へ 投稿

© 2021 H.simple Design